劇場版「永遠ノ矢 トワノアイ」とは?

宇梶剛士主宰の劇団PATHOS PACK(パトスパック)による舞台「永遠ノ矢=トワノアイ」は、宇梶が作・演出を務め、自身のルーツのひとつである北海道、そしてアイヌをテーマに描かれています。
遠い昔より北の大地で紡がれてきた先人たちの思いを受け、現代を生きる青年の成長物語です。タイトルの“アイ”は、アイヌ語で“矢”を意味する言葉。2019年東京(高円寺)での初演では、1週間という短い期間に2000人近い観客数を記録しました。多くのアイヌ関係者から寄せられた北海道での上演希望の声を受け、札幌をはじめ道内7か所で企画されましたが、2021年夏、コロナ禍の影響で釧路・平取・北見の3か所のみ公演が行われました。この戯曲の上演を楽しみにしていた方のため、またより多くの北海道の方たちに届けるために、映画版『永遠ノ矢(トワノアイ)』を製作。本作は、2021年7月1日釧路にて行われた舞台の上演記録です。

ヤウンモリシ(北海道)の木立の中で

木漏れ日を眺めている様な時を

お届けできたらと舞台を作ってまいりました。

今回、映画という形で皆様にお届けします。

                   宇梶剛士

キャスト/スタッフ

宇梶剛士

オフィス33 https://officesansan.com/actors/tsuyoshi-ukaji/

金井良信

有限会社エンパシィ https://empathyinc.net/actor/kanai/

平野貴大

株式会社neu https://neu2014work.wixsite.com/kabusikigaisyaneu/untitled-c1m5l

岡田優

オフィス33 https://officesansan.com/actors/masaru-okada/

オバタアキラ

宝井プロジェクト http://www.takaraipro.com/members/obata.html

仲道和樹

Twitter:@kazukichi63

Instagram:@kazuki_nakamichi

三崎栞

Twitter:@S2_M0630

Instagram:@shiiiiori.m

橘ゆかり

小田部オフィス http://www.actrain-club.com/sp/talents/?id=1564059381-549258

下畑博史

吉本興業株式会社(パタパタママ) https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=549

杉本凌士

劇団メンソウル http://g-mensoul.jp/member/member_sugimoto.html

岩戸秀年

株式会社bamboo  https://bam-boo.biz/actors.php?id=20

菅川裕子

Twitter:@hirokichi530

並木秀介

Twitter:@otonanomugicha

中村英香

東京俳優生活協同組合 https://haikyo.co.jp/profile/profile.php?ActorID=11609

 

監督 上林昌嗣

作・舞台演出 宇梶剛⼠

企画・総指揮 タイソン山﨑 │ プロデューサー 巣内佳幸
撮影 ⽯井芳博 │ VE 渡辺和也 │ 編集 ⾕⼝悠⼀ │ MA 藤川貴広 │ 助監督 佐野孝子
舞台監督 ⽊村篤 │ 照明 宮野和夫 │ ⾳響 原島正治 │ 美術 加藤ちか │ ⾐装 ⻄尾潤⼦
アイヌ⽂様デザイン 関根真紀 │ アイヌ⾔語指導 関根健司
スチール ⼤⼋⽊茂 │ エンディング曲 『Ihunke』 安東ウメ子

協力 釧路演劇協議会 釧路市⽣涯学習センター「まなぼっと幣舞」

制作 有限会社WOODSUP 株式会社nice 劇団PATHOS PACK

配給協力 株式会社アイエス・フィールド│ 宣伝担当 高木真寿美

著作・製作・配給 株式会社オフィス33